手作りブーケはクラッチブーケがおススメ!初心者でも出来るウェディングブーケの作り方を画像で徹底解説

2016.10.31 公開 2017.1.30 更新 演出
この記事を書いた先輩花嫁
BLESS編集部

BLESS編集部です。感謝あふれる結婚式をつくるお手伝いがしたいです。

『ブーケ』は花嫁の笑顔をよりハッピーに彩るウエディングの必須アイテム。プロにオーダーするケースがほとんどですが、実は手作りも可能なんです!!ブライズメイド用用の手作りで簡単でも可愛くつくれるクラッチブーケから、自分の想いを完璧に実現するこだわりラウンドブーケまで、難易度別に作り方を画像や動画で徹底解説します!

ブーケってどうやって手作りするの?

main

幸せな瞬間を彩るブーケ!ブーケの作り方がわかれば、プロにお願いするときの参考にもなるし、もしかしたら、ブライズメイド向けのものは自分で作って、節約と思い出を両立できるかも。難易度別にブーケの手作り方法をまとめました。

手作りしやすいブーケ:クラッチブーケ

1

普段アレンジメントとは無縁の花嫁におすすめしたいのが切り口を揃えた花材を片手で持てる大きさにまとめた『クラッチブーケ』。ブーケスタンドも、花台もいらない簡単ブーケ作りにチャレンジ!

●?用意するもの

・「花」ドレスに合うお好みのもの?
・「フローラルテープ」粘着性のテープ。グリーン系のものを選んで
・「アレンジメント用ハサミ」生花・造花共に硬い茎を切るためには専用のハサミが必要
・「リボン」持ち手に巻くもの。花の色や好みに合わせて選んで
・「ピン(待ち針)」リボンを留めるのに使用

STEP1:花を束ねて、茎の長さを揃えて切る

2

STEP2:綺麗にまとめて、フローラルテープをきつく巻きつける

3

STEP3:フローラルテープが隠れるように、リボンをしっかり巻きつける

4

STEP4:リボンをピンで留めたら完成♪

5

★ポイント1

12

造花でも、生花でもOK!生花の場合は、保水がしにくいので作るのは前日に。造花でも事前に必ず練習しよう!

★ポイント2

7

自分の持ちたいブーケのイメージを膨らませてからお花をセレクトして。愛らしい『クラッチブーケ』の数々を参考にしてみて?

8

ブライズメイド用にも手作りして、お揃い感を演出してみるのも素敵

9

多種のお花を使うなら、葉物や実物も入れてナチュラル系に仕上げてみて♪

10

茎にまきつけるリボンに、センスや遊び心を忍ばせてスタイリッシュに!

手作りが難しいブーケ:ラウンドブーケ

20

正面からみて、きれいに真ん丸の『ラウンドブーケ』は、人気が高い定番のブーケスタイル。ブーケスタンドを使い、きれいな丸にするので少し難易度は高いけど、完成した時の感動は大きいはず!

●用意するもの

・「花」ドレスに合うお好みのもの?
・「フローラルテープ」粘着性のテープ。グリーン系のものを選んで
・「アレンジメント用ハサミ」生花・造花共に硬い茎を切るためには専用のハサミが必要
・「リボン」持ち手に巻くもの。花の色や好みに合わせて選んで
・「ピン(待ち針)」リボンを留めるのに使用

?初心者向けに下記をプラス?

・「ワイヤー」花の茎が弱い時に挿すために補強する
・「アクアグル―」フラワーデザイン用の接着剤
・「ブーケホルダー(ブライディネット)」花を挿すもの

23

・「ブーケスタンド」ブーケホルダーを挿すもの

22

STEP1:花の下準備

24

茎さすところ(2?3?)・挿してかお花が(6?7?)になるように切る。いらない葉っぱなどは、事前にとっておく。

茎が弱く挿せないお花は、ワイヤリングが必要♪

▼方法はこちら!
時間のかかるブーケづくり

STEP2:花を挿す

メインとなるお花にアクアグル―を着けて、ブーケホルダーに花を挿していく。
綺麗なラウンドにするのは挿す順番が大切。

▼こちらを参考に
プリザーブドフラワー ラウンドブーケ制作動画「前編」

STEP3:仕上げ

隙間を埋めて、美しい丸になるよう整え、持ち手にリボンを巻く。

▼こちらを参考に
プリザーブドフラワー ラウンドブーケ制作動画「後編」


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp