結婚指輪を購入するタイミングはいつがいい?妥協しない結婚指輪選び

結婚指輪は生涯ずっとつけているものだからいいものを選びたいですよね。しかし購入のタイミングを間違えると結婚式に間に合わなくなってしまい、妥協したもので済ませてしまうなんてことになってしまうかも。そこで今回は結婚指輪購入のタイミングやおススメ指輪のご紹介などをまとめてみました。

2015.11.12 公開 2016.2.22 更新 結婚指輪
この記事を書いた先輩花嫁
Chomonao

一年中真っ黒なアウトドア女子です。

結婚指輪っていつごろから準備すればいい?

結婚指輪の準備は結婚式を意識

男性から贈られる婚約指輪に対して、結婚指輪はお互いが婚姻関係を結んでいる証の1つ。

生涯着け続ける方も多いので、そのことを念頭に置いて購入する必要があります。

お互いの好みがあると思うのですが、ずっと着け続けるならお互いが納得した指輪を着けたいものです。

結婚式の準備を始めている場合、検討のタイミングを誤ると時間が足りなくなり「もうこれでいいや!」と早々に妥協しなければならなくなります。

検討の期間は十分に余裕を持っておきたいものです。

結婚式の準備を考えると少し早目に行動を開始することをオススメします。

特に式の3ヶ月前から準備が慌ただしくなると思うので、まだゆとりのある4?5ヶ月前が最適です。

お仕事の関係上、週末などの休日以外は時間をとりづらいので、早め早めに行動して下さい。

「結婚指輪なんてなんでもいいよ」と思っていても、いざ作るとなると色々こだわりが出てきて悩みは尽きないもの。

10年先、20年先も薬指を飾る結婚指輪ですので、後悔しない選択が大切です。

注文から受け取りまで既製品でも約3週間オーダーは2~3カ月かかります。
結婚式が近づくといろいろな準備で忙しくなるので、結婚指輪は3カ月前には決めたいですね。

結婚指輪の相場はどれくらい? 男性・女性のどちらが購入?

相場は2人合わせて20万前後。

結婚指輪の平均購入金額はふたり分で22.6万円

結婚指輪の平均額は20万?25万円が最多価格ゾーンで、金額は年々増加傾向。お互いで購入し合う、合計金額をふたりで折半、共同財布で負担、など支払い方法はさまざま。ふたりで相談を!

 

結婚指輪は「夫婦のもの」となるため、どちらか片方のために購入するものではありません。

ですから、結婚指輪を購入する場合は「お互いでパートナーの結婚指輪を購入し、贈り合う」というスタイルをとるカップルが多いようです。

値段を折半にする、お互いが個人の貯金を使って購入する、夫婦共同のお財布で支払いを済ませるなどで「贈り合う」を実現させています。

結婚指輪はペアで20万円前後らしい!?

婚約指輪は給料の3ヶ月分というキャッチコピーもありましたが、結婚指輪は2つ合わせて20万円前後が現在の相場になっているようです。


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp