ハワイウェディング?【ハワイ現地プロデュース会社(P社)のメリット・デメリット】

2016.2.1 公開 2017.1.30 更新 結婚式場
この記事を書いた先輩花嫁
chica?

Weddingnews・BLESS副編集長 6歳児のママ。成人してから毎年訪れている大好きなハワイ。 そんなハワイで自分らしいこだわりをギュっと詰めてた結婚式をあげました? 自身の経験の他に、プレ花嫁時代に知り合った沢山の花嫁仲間達と、業界関係の友人達の話を元に【リアル】なウェディング情報を発信します♪

プレ花嫁必読?ハワイウェディングをするのに絶対欠かせないプロデュース会社との契約。あなたはどこにする??【ハワイ現地P会社】編

ハワイ現地にある日本人経営のハワイウェディングのプロデュース専門会社

チャペル以外ならばあらゆる場所での挙式プロデュースが可能。

近年ハワイ挙式の花嫁さんから人気急上昇中のハワイ現地プロデュース会社?
??通称【現地P社】

スタッフはどこの会社も大体5〜10人前後で1日の挙式は1組〜3組前後と小規模ながらも、1組1組の挙式を会社全体で支えてくれるキメ細かいサービスが魅力です。

自社経営のチャペル等は無いが、現地の本物の教会・個人邸宅・ビーチなどチャペル以外なら至る所での挙式プロデュースが可能。
勿論フォトシューティング、レセプションの手配もしてくれます!!

 

一番の魅力はコストパフォーマンスが大変良いという点

完全オーダーメイドのプランニングで手数料も格安

基本的に国内p社や旅行代理店のような【衣装やブーケ込みの】挙式パッケージというものは無く、挙式に最低限必要なものが揃った基本パッケージ以外は、必要な物を1つづつ選んでプランニングするので

大手P社のように余分なコストがからないのが大きな魅力です?

その為花嫁自身がドレス、ブーケを持ち込んだり、自分の希望するアーティストを外注しても持ち込み手数料を取らない会社が多いのも特徴。

新郎新婦の好みや要望に応じて細かく柔軟に対応してくれるので、総合的な自由度はかなり高い会社と言えます?

ハワイウェディング関連のもの”のみ”を扱うシンプルな会社なので、旅行の手配などウェディング以外の事は自分で行う必要があるのですが,基本的にハワイに関する事ならなんでも相談にのってくれるので、どこの旅行会社が良いなどのアドバイスは勿論くれるハズ!

 

マイナス面は打ち合わせが対面で出来ない・回答までに時差が生じる。為替の影響も

スタッフは皆ハワイにいるので、打ち合わせはメールやスカイプが中心になる

 

一見良いところばかりの現地P社ですが、勿論デメリットもあります。

それは会社がハワイにある為、対面で打ち合わせが出来ず、やり取りの大半がメールやスカイプなどになるという事。
これはメールが苦手な人には結構大変な作業となります。

ハワイと日本には19時間の時差があるので、電話のタイミングが難しい・またメールのレスポンスは大抵1日後になったりと即答して欲しい時などはもどかしく感じることも。

 

その他、全ての料金がドル表記&ドル計算での支払いなので、為替の変動に費用が左右される可能性があります。日本円で計算した場合、見積もりが最初から比べて支払い時に数万円前後変化する事もありえます。

それでも大手P社にお願いするよりは低コストですが、明細+10万円くらいは余裕を持っておくと安心ですね。


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp