ウェディングフォトも撮りたい?イタリアへドラマティックな旅に出かけよう?

2016.11.10 公開 2017.3.5 更新 新婚旅行
この記事を書いた先輩花嫁
Rie
Rie

2015年春に都内のゲストハウスで挙式?ウェディングドレスコーディネーター、披露宴のサービススタッフとして働いていたので、その時の経験や自身の挙式の時に感じたことなどを発信していきたいと思っています?

イタリアと聞くと、あなたは何を思い浮かべますか?トレビの泉やコロッセオ、水の都ヴェネチア・
・・?想像するだけで、映画に出てくるようなおしゃれな街並みが頭の中でいっぱいになりませんか?そんな素敵な景色や美味しい食事を楽しむために、大好きな彼との大切なハネムーンは映画の主人公になったような気分が味わえるイタリアがオススメです?

イタリアでのハネムーンは映画のヒロインになった気分になれるかも?

イタリアにはたくさんの美しい景色や有名な建造物、ピザやパスタをはじめとする美味しいお料理があります。
日本から気軽に行ける距離ではない分、憧れが強い方も多いのではないでしょうか?
イタリアはヨーロッパへのハネムーンを検討しているカップルの中で、人気No.1なんだとか?
すべての都市を周遊するには時間もかかるので難しいかもしれませんが、一生の思い出に残る大切なハネムーンだからこそどこに行っても芸術的な雰囲気が味わえる旅を楽しんでみませんか?
きっと映画のワンシーンのようなドラマティックな思い出を刻むことができると思います?

イタリアの基本情報

ローマ帝国崩壊後、1861年に統一されるまで都市ごとに独立国家を形成してきた歴史を持つイタリア。
その歴史が街ごとの多様性を生んできて、街自体がまるで美術館のようなフィレンツェや、運河とゴンドラの風景でなベネチアではまるで別の国のような感じがします。
ちなみに、イタリアは世界で一番世界遺産が多い国でもあるんです?
これを聞くだけでもワクワクしちゃう!

日本からのアクセス

成田空港からミラノへは約12時間30分、成田空港からローマまでは約13時間。
どちらも直行便があるので、フライト時間は長いけど比較的移動はしやすい♪
また、時差は?8時間。

おすすめのシーズン

ベストシーズンは4月?10月!
北部と南部で気候の差はあっても、ヨーロッパの他の国よりは比較的温暖です。
日本とは違夏は湿度が低く、じめじめとした暑さはないので夏でも過ごしやすいようです?

旅行日数の目安

旅行日数5泊7日?7泊9日

目安で5泊?7泊と開きがあるものの、一番人気なのは6泊8日なんだそうです♪
行ってみたい街がたくさんあると、6泊でも足りないかも!?

予算はひとり20万?35万円ほど

個人手配よりツアーがお得

6e17da42e29be64d273b00b24316d15d

費用についてはホテルのランクを調整して、リーズナブルにしているカップルも多いそうです。
訪問都市にこだわらず、イタリア国内移動に自信のない人はオールインクルーシブのパッケージツアーを利用することをおすすめします。
個人で飛行機のチケットやホテルの予約をする手間が省けるほか、個人ツアーより旅費が安く済みます。
費用は二の次で、海外旅行に慣れた自由行動を重視するカップルは、個人で好みのルートを自由自在に組むのも楽しい旅行になると思います。
ホテル予約の際はハネムーナーのためのキャンドルディナーやスパ優待券などの特別パッケージを必ずチェックしましょう。
利用できるサービスを比べればホテルが決めやすくなります。
時期によっても費用は変わってきますのでご注意ください!

アリタリア航空で6,5000円(4月?6月)9,5000円(7月?9月)さらにお盆や年末では13万円前後に跳ね上がります。

4?10月はベストシーズンでもあり、少し割高になるようです

ビジネスクラスへの変更はいかが?

快適な空の旅を送るため、奮発してビジネスクラスはいかがでしょうか!
例えば、アリタリアイタリア空港を利用する「ツアー・オブ・イタリー」で申し込みした場合、2016年4?9月間のビジネスクラスへの変更は一人19?40万程(空港利用費、週末料金別途あり)の追加代金を支払えば可能です。やはり長期休暇が取りやすい、GW前、お盆、年末は割高になります。
プライバシーが重視されたフラットシート、ブルガリのアメニティ、リチャード・ジノリの食器でサーブされるイタリア各州の郷土料理フルコースが待っていますよ♪

少しお値段が・・・という方には、エコノミーよりはワンランク上の「プレミアム・エコノミー」というクラスもあります。ウェルカム・ドリンクやイタリア有名ブランド、クルティのアメニティなどサービスも充実していて、追加料金は一人8万?17万ほど。
もし移動もすべてこだわりたい!という方にはランクアップしたお席をおススメします♪


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp