【婚約・結婚指輪】カルティエのトリニティリング特徴・価格まとめ

花嫁の憧れカルティエから、定番コレクションの一つである「トリニティ」。一目でカルティエと分かるデザインはエレガントで人気のあるシリーズです。ここではこの「トリニティ」の婚約指輪と結婚指輪、その他のアクセサリーをご紹介します?

2016.10.29 公開 結婚指輪
この記事を書いた先輩花嫁
miki1223

1986年生まれ。鳥取県出身、大学で建築を専攻し、卒業後内装会社に勤務。現在は子育てに励む主婦。 自分たちらしい結婚式をと、大好きな地元の自然の中、アウトドアウエディングをした経験を持つ。

独特のボリューム感がオシャレな花嫁から大人気?

世界中の花嫁から熱い視線を集めるカルティエ?どれもエレガントで、憧れてしまいますよね?
そんなカルティエの数多くある素敵なデザインの中から、今回は「トリニティ」というシリーズをご紹介します!

カルティエ トリニティとは?

トリニティ リングは1924年、未来を見据えたルイ・カルティエの斬新なエスプリから生まれました。

「トリニティ」とは「3つの」という意味で、その名の通り”ピンクゴールド・イエローゴールド・ホワイトゴールド”の3つのゴールドが絡み合ったデザインになっています。

ちなみに、ピンクは愛・イエローは忠誠・ホワイトが友情を表現しているんですよ♪

ウエディングリングとしては3つのゴールドを使用した珍しいデザインが世界中の花嫁に愛され続け、カルティエリングの定番として今なお人気のあるリングです。

婚約指輪

それでは早速ですが、カルティエ トリニティシリーズの婚約指輪をご紹介します?

スリーゴールド ソリテールリング

ホワイトゴールドとピンクゴールド、イエローゴールドの3つのゴールドが並んだリングに、ダイヤモンドが1個あしらわれた、シンプル且つ華やかなエンゲージリング?

材質:ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールド、ダイヤモンド
価格:要問い合わせ


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp