【結婚への第一歩】結婚挨拶のオススメの手土産はコレ!これで大丈夫、安心マニュアル

婚約しました!
では、次は両親へのご挨拶です。その場合に手ぶらではお邪魔できませんので、手土産を用意しましょう。
どのようなものを持っていくか、迷いますね。選ぶために気をつけたい点、先輩花嫁の体験談もまとめましたのでご紹介します。

2016.11.1 公開 お金・段取り
この記事を書いた先輩花嫁
sato

恋愛が苦手でこのまま結婚できなそうな32歳。 最近は、リラックマのぬいぐるみで癒されています。

結婚が決まったら…まずはコレをしよう!

2人の間で「結婚の意思」もしくは「プロポーズ」が決まったら、まずはご両親に報告をしましょう。
今では電話やメールでの連絡で済ませてしまう方も多いかと思いますが、一生に一度のことですし、顔を合わせてご挨拶したいものです。
その場合の手土産について、平均はいくらくらいのものか、具体的にどんなものが理想かをまとめました。
プレ花嫁さん必見です!

まずはお互い情報交換から

5d1d21344cac5e10db2da6684ac563fa

さて、ご両親へ結婚挨拶する日が決まったら、、お土産を考えましょう。
持っていくのがマナーとされている日本ですので、ご両親の嗜好をお互いに情報交換しておくことが大切です。

情報交換しておくべき項目

  • お互いの両親の好み
  • お土産の個数の問題から、家族構成
  • 体調、病気のため食べられないものの有無
  • 仏壇へのお供えをする家庭かどうか

ご両親の好み、家族構成を確認するのは会話の中でスムーズにいくかと思います。
併せて確認しておきたいことは、ご両親が甘いものを控えなければならないことがあるか、お酒は飲めるかどうか。
あとは必須ではありませんが、仏壇にお供え物をする習慣のある家庭かどうか。
別にお菓子やお花を持参してご先祖様に挨拶するという行為は相手方の家族への敬意をうかがわせ、少なくとも悪印象を与えることはないでしょう。

手土産の金額・熨斗(のし)どうしよう

金額の相場はいくらくらい?

あまり安すぎず、高すぎず…がいいとされますが、なかなか難しいですよね。
一般的には3000円?5000円が相場とされています。相手にあまり気を遣わせることのない金額にしましょう。

手土産に熨斗(のし)はいる?

何となくつけると「贈り物」感が出て喜ばれるかもしれませんが、結婚の挨拶時にはいらないとされています。
もし、つけるのであれば、無地の「結びきり」(2人のご縁が二度とほどけないように)にしてもらいましょう。
こちらは、生涯に一度きりの結婚などに使うものです。「外のし」で包装を依頼し、下段に二人の姓を書きます。
「寿」としたい人もいるようですが、結婚が、認められてからにしましょう。


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp