新婚旅行は魅力いっぱいのタヒチで優雅に過ごしたい?

ビーチリゾートへの新婚旅行はムードと開放感たっぷり?美しい海や自然とハイレベルなリゾートが揃うタヒチでなら、ずっと忘れられない新婚旅行になるはず♪そのためのオススメポイントをたっぷりご紹介します!

2016.5.13 公開 2017.1.30 更新 新婚旅行
この記事を書いた先輩花嫁
hanjuku

フリーのウエディングプランナーと出会い小さなレストランで自由で自分らしい結婚式を挙げました。ウエディングに大変さを感じている人には前向きに、楽しみにしている人にはさらなるハッピーを届けられるよう発信していきます。

最後の地上の楽園タヒチでしあわせいっぱいハネムーン♪

新婚旅行はビーチリゾートでハネムーン気分たっぷりで過ごしたいあなたへ?
地上の楽園 タヒチでのリゾートツアーはいかがでしょうか??

日本からの直行便もあり、リゾート地としてのサポートも万全!
透き通る海の上の水上コテージでゆっくりと流れる時間は、二人っきりのしあわせを感じられます?

リゾートとしては聞いたことあるけど…実際タヒチってどんなところ?

南太平洋に広がる島々♪一年中ベストシーズンのリゾート地?

ハワイから4000kmほど南下したところに広がる118もの島々で構成されるタヒチ。
年間通して平均気温は26℃程度で、オーシャンアクティビティも年中楽しめる島なんです♪

あえていうならスコールの多い雨期(12月〜3月)よりも乾期(4月〜11月)の方が気温もなじみやすく天気の心配も少ないので過ごしやすいかもしれません?

一年中ベストシーズン?その中でも狙い目はいつ!?

タヒチ自体はそれほどのオフシーズンがないため日本のオフシーズンが狙い目!
ハネムーンは春秋がピーク、長期休暇のある夏を外した季節が比較的狙い目です。

公用語はフランス語とタヒチ語。観光地では英語も一般的

フランス領ということもあり、公用語はフランス語とタヒチ語ですが、観光が主な産業ということもありレストランやホテルなどでは英語も一般的に通じます。
日本語の話せるスタッフのいるホテルも多数あるので不安な方はそちらを選べば安心♪

成田からの直行便あり!日本人の旅行者も多数

リゾート地として発展しているタヒチへは成田からの直行便も出ているので日本からとても行きやすい国であると言えます。

タヒチは、30日以内ならビザも不必要で、治安や気候も安定しています?
海外初心者の方でも安心してハネムーンを心置きなく楽しめますよ!

ハネムーン一番人気はボラボラ島♪アクティビティならランギロア島がおすすめ!

ボラボラ島はなんといっても美しいラグーンと緑の山からなる自然の景色が魅力!
「地上の楽園」の名前に負けないすばらしいビューに圧倒されるでしょう?
6泊してもまだ泊まっていたかった!という意見も多いそうです♪

ランギロア島はイルカやマンタなどと出会える確率も高いダイバーの憧れの地。
ダイビングが好きな人はもちろん、潜らなくてもドルフィンウォッチングやシュノーケリングも楽しむにはオススメの島です♪

素朴な島旅からラグジュアリープランまで気になる予算は…?

基本的なハネムーンプランとしては二人で50万円?が一般的。
ちなみに、豪華な食事やめいっぱいアクティビティを追加して、最終的に100万円ほど掛かったカップルも多いんだとか!


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp