天国に一番近い島!ニューカレドニアで忘れられないハネムーンを過ごしたい?

「天国に一番近い場所」ニューカレドニアでハネムーンはいかがですか?現地情報にプラスして、フランス領ならではのおいしい料理やヌメアの街なみ・アクティビティにおすすめの離島やプランなどを体験談を交えてご紹介します♪

2016.5.15 公開 2017.1.30 更新 新婚旅行
この記事を書いた先輩花嫁
hanjuku

フリーのウエディングプランナーと出会い小さなレストランで自由で自分らしい結婚式を挙げました。ウエディングに大変さを感じている人には前向きに、楽しみにしている人にはさらなるハッピーを届けられるよう発信していきます。

天国に一番近い場所?ニューカレドニアでハネムーン

ビーチリゾートの中でも「天国に一番近い場所」として人気を集めるニューカレドニア?
刻々と移り行く美しいビーチや世界最大級の珊瑚礁の海を眺め、島内に残るジャングルのような自然の中のトレッキング…豊かな自然あふれる離島と、南仏の空気あふれる「プチ・フランス」が楽しめるリゾートアイランドで、日常から離れて二人っきりのハネムーンを思い切り楽しむのはいかがでしょうか?

きれいな海と白い砂浜…の他にニューカレドニアってどんな国?

直行便あり!ニュージーランドの北に位置する美しい島国

日本からは直行便で8時間半のビーチリゾートのニューカレドニア。
フランス領でありながらも多様な民族が入り交じるこの島国ではフランス文化を中心にさまざまな文化がミックスされ発展してきました。
フランス語が公用語ですが、ほとんどの観光施設・空港では英語も通じます。

南国気質の現地の人たちは穏やかで友好的なことも広く知られており、衛生面・治安の面でも安全な地域と言えるでしょう。

平均気温24℃の一年中過ごしやすいリゾート?

一年を通した平均気温が24℃と日本人のなじみやすい気候のニューカレドニア。
5月から10月にかけては涼しく感じることもあり、たくさん海に入りたいなら11月から4月の暖かい時期がいいでしょう♪
また、1月から4月が比較的雨の多い雨期に当たりますが、スコールがざっと降って過ぎていく程度だそうです。

グランドテール島と美しい離島たち

首都・ヌメアのあるグランドテール島は有名ブランドが軒を連ねる中心街や森林公園、博物館などがそろうリゾートアイランド?
一方、国内線で個性ある離島へ向かえば雄大な自然に浸ることができ、都会的なリゾートも大自然のアクティビティも選べるのがニューカレドニアです♪

先輩に学ぶ!予算とかけどころで賢くプランセレクト♪

ハネムーン最多価格帯は4泊6日で50万円!のんびりステイなら6泊8日がオススメ♪

ハネムーン予算なら4泊6日で二人で40万円〜50万円、次いで6泊8日で60万円〜が多く、離島ステイがふくまれると少し高めの予算と日数が必要になります。
オフシーズンの雨期でもある4月ごろを狙うと予算を抑えられることも?

物価は日本の約3倍と高めですが、街中で食事やショッピングをする時に、高くていいものや日用品でもハイセンスなものまで揃うので、お土産も食事も予算に合わせてセレクト出来るのが嬉しいですね♪

フランス領ならでは♪おいしいパン屋さんやマルシェで朝ご飯♪

高級レストランもハイクオリティなニューカレドニアですが、マルシェやパン屋さんもまたハイレベル!
ホテルのレストランでなくてもビックリするほど美味しいものに出会えるんです?

朝市に到着した私達は、腹が減っては戦は出来ぬ、とばかりに、
まずは市場内にあるカフェで朝食。
以前ニューカレドニアに新婚旅行したカップルから聞いていて
絶対に飲みたい!と思っていた、
ボウルになみなみのカフェ・オレを注文。
併せて、夫は、クロワッサン、私は、クロック・ムッシューを食べることにしました。

私が夢中でこの写真を撮っていると、よっぽど嬉しそうに見えたのか、
隣にいたご年配のおじいさんが話しかけてきて、
私達夫婦の写真を撮ってくれたのでした。

マルシェで現地の人たちと楽しい交流があった先輩カップルも♪
ぜひ街にくりだして、おいしい朝ご飯を見つけてください?

離島での食事は要チェック!オールインクルーシブも視野に入れて♪

イルデパン島はじめ離島には、マーケットなどがなく食事もホテルのレストランしか利用できないことも多いので、ヌメアで飲み物や、場合によっては食事を買って持っていくと便利ですよ♪

ちなみに、メトル島滞在中の飲食代は、
「飲み放題・食べ放題」という”オールインクルーシブプラン”
というものをお願いしていました。
もともとニューカレドニアの外食は価格がやや高めだと聞いていたことと、
メトル島にはほかに食事できる場所もないためです。

選択肢がホテルしかない場合ホテル内でのオプションが最初から含まれているオールインクルーシブの方が気兼ねなく楽しめることも!
離島ステイの場合はその島での食事がどうなるのかリサーチしてみてくださいね♪

手軽にリゾート♪グランドテール島で日帰り離島プラン

グランドテール島から周辺の離島までは小型飛行機かフェリーで30分から数時間。
アクティビティツアーも数多く出ているので、ステイなしでも十分に大自然を楽しむことができます?
水温の低いオフシーズンに訪れる場合や、都会的な環境でハネムーンを過ごしたいカップルは、移動の時間と予算を抑えられるグランドテール島でのステイがオススメです?


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp