【ホテルウエディング】東京都内の押さえておきたい定番ホテル「御三家」「新御三家」と話題のニューカマー

2014.12.17 公開 2017.1.30 更新 結婚式場
この記事を書いた先輩花嫁
BLESS編集部

BLESS編集部です。感謝あふれる結婚式をつくるお手伝いがしたいです。

結婚式会場の定番といえばホテル!立地がよくて地方から来たご年配のゲストの方にもわかりやすくて、何よりおもてなしのプロがお迎えしてくれるのは安心感がありますよね。多くのホテルで前泊の部屋を用意してくれるのもすごくうれしいサービスです。レストランやゲストハウスで考えている人も、基本はホテルなので、一度はフェアを体験してみるといいと比較しやすいと思います。本記事では、都内で結婚式によく利用される憧れの定番ホテルの歴史を簡単にまとめてみました!参考にしてみてください。

ホテルウエディングのメリット

b918265ec56a32a2fd87d304292ab354

普段はホテルをあまり利用していないけど、結婚式会場の候補で急浮上してきたホテル。ホテルでの結婚式って何がいいの?実はホテルでの結婚式には、ふたりとゲストにとって嬉しい大きな3つのメリットがあるんです!

1.おもてなしのプロ

1

365日様々なゲストを迎えるおもてなしのプロであるホテルスタッフが、新郎新婦に変わってゲストを迎えてくれます。お年寄りやお子様への接客に慣れているため任せて安心.

親切かつ丁寧なのは当然のこと、臨機応変に対応していてとても素晴らしかった。小さい子に対しても話し相手になってあげたり、見ていて微笑ましかった。スタッフ一人一人教育が行き届いているのだと感じた。

赤ちゃん連れの友人への対応が配慮に満ちていて素晴らしかった。こちらが声をかけるより先に気がついて声をかけてくれる、かゆいところに手が届くような心配りは、一番だと思います。

2.宿泊できる

宿泊できる

遠方からゲストを呼ぶ場合、宿泊場所を探すのに一苦労も。また、ゲストも大荷物をもって会場へと移動しなければいけません。でもホテルなら大丈夫。前泊・後泊などでき、ゲストにとってもふたりにとっても嬉しいんです。

親族が宿泊するのに部屋も予約しましたが、どれもとても好評でした。記念日にお安く泊まれるアニバーサリークラブもあります。

結婚式の前日・当日と、2泊スイートに泊まれる。無料で。前日から素敵な部屋で過ごせてとても良かった。当日、化粧などの準備も泊まっているスイートでやってもらえるので最高だった。結婚一周年記念にも1泊宿泊を招待してもらえた。

今でも、たまに泊まりに行ってます。ホテルでウエディングをすると、こうして式後も出かけられるのが良いです。当日のことを思い出して幸せな気分に戻れます。

3.ロケーション・交通の便が良い

3

ヘアセットや美しく身支度をして来てくれるゲストにとってアクセスは、結婚式の印象を左右する重要なポイントです。ホテルは利便性を考えて建てられているところが多く、駅近だったり駅と直結していたりも。また、ホテルであればタクシーに乗って名前を告げれば迷う事なく辿り着けるでしょう。

地下の出口があるので、雨の日もぬれずに会場入りできる。

恵比寿駅直結で、仮に雨が降っても濡れずに会場まで来て頂けるのが魅力的だなと感じました。

cb36a05828ef85dfd6ab6636c98454fb

他にも、ホテルならではの魅力として「様々なジャンルから選べること」も。挙式スタイルが教会式、人前式、神前式から選べたり、料理はフレンチ、イタリアン、和食、中華、和洋折衷など幅広いジャンルから選べたりします。
また、見落としがちなのは、パブリックスペースのメリット。ゲストが「ちょっと座りたいな」と思った時にすぐに座れるソファや椅子が置かれていたり、クロークや数多く用意されたトイレなど使い勝手がいいのも特徴。ゲストの着替え部屋を貸してしてくれたりと、多様な施設があるからこそのサービスが受けられます。

それでは、東京のホテルウエディングの定番ホテルをご紹介します!

【御三家】(国内資本)

何と言っても御三家は、親、祖父母世代では知らない人がいないほどの有名ホテル。親族から流石と言われる老舗の看板と、長年培われたホスピタリティで、ゲストを安心して任せることができるでしょう。

【帝国ホテル】@日比谷

帝国ホテル

設立:1887年
英称:Imperial Hotel
運営:株式会社帝国ホテル(東証2部)
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1
徒歩:地下鉄 日比谷駅 3分/銀座駅 5分/JR 有楽町駅 5分
客室:772室(新本館)、361室(インペリアルタワー)

平均費用:3,878,560 円、平均出席者:65 人、平均単価59,670円

こちらの要望をほぼ全て叶えて頂き、かといって私のことだけでなく、ゲストの方にはこちらのほうがいいかもしれませんと提案して頂いたりしました。 結果、ゲストの方たちから「いい式でした」と言って頂くことができました。

当日宿泊するとチェックアウトまで接するすべてのスタッフにおめでとうございますといわれ特別な気持ちに浸れました。どのスタッフも笑顔がすてきで一生に一度大切なゲストに気持ちよくすごしてほしいきもちで接客でここに決めました。

【ホテルオークラ東京】@虎の門

ホテルオークラ

設立:1932年
英称:Hotel Okura
運営:株式会社ホテルオークラ東京
住所:東京都港区虎ノ門2-10-4
徒歩:地下鉄 虎ノ門駅/神谷町駅/溜池山王駅/六本木一丁目駅(いずれも徒歩10分以内)
客室:834室

平均費用:6,114,843円、平均出席者:130 人、平均単価47,037

ホテルオークラ東京の結婚式平均費用、平均出席者

結婚式に満足が出来たのは、それぞれのスタッフの方のホスピタリティと彼らが作り出して下さった物やお料理、そして雰囲気だと思う。自分の結婚式、というよりオークラのサービスにとても感動した。

ホテルのスタッフは皆素晴らしいサービスをしてくれた。会場のスタッフも細かいことまでよく見ていて気遣ってくれ、あとから参加者にあちこちで感謝された。さすがオークラだと感心した。

【ホテルニューオータニ】@赤坂見附

ホテルニューオータニ

出典:http://ja.wikipedia.org/

設立:1964年
英称:Hotel New Otani
運営:株式会社ニューオータニ
住所:東京都千代田区紀尾井町4-1
徒歩:赤坂見附駅 3分/永田町駅 3分/麹町 6分
客室:1,479室

平均費用:3,466,850円、平均出席者:63人、平均単価55,029円

ここで結婚式を挙げられたことに、心から感謝してます。大満足です。春や秋にはローズガーデンでも式ができます。ローズガーデンはニューオータニならではの場所なので、興味のある人は模擬挙式に行ってみると良いかと思います。

ニューオータニは大規模な日本庭園があり、披露宴も庭園を望める場所だったのでロケーションは良いと思います。

【新御三家】(外資)1990年代

1990年代に一世を風靡したのは、続々とオープンした外資系ホテルです。世界でも名が知れたホテルだから、憧れという人も多いのでは?外資系ならではの外国人の体型にあわせたスケール感のあるデザインやスタイリッシュな内装は、非日常を味わえること間違いなし!映画のヒロイン気分を味わえる一日となるはず!

【パークハイアット東京】@新宿

CA380607

設立:1994年
英称:Park Hyatt Tokyo
運営:パークタワーホテル株式会社(ハイアットホテルアンドリゾーツ)
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1-2
徒歩:JR新宿駅 12分/都営地下鉄大江戸線都庁前駅 8分
客室:178室

平均費用:3,150,000円、平均出席者:65人、平均単価48,461円

チャペル(白のドレスが映える木目調)と披露宴会場からの景色(40Fからの絶景)が気に入ってこの会場に決めました。

スタッフの一緒にいい式を作ろうっていう姿勢もよく、料理・お酒も相談しながら決められて、 自分たちの要望をとりいてれくれて、来てくれた皆さんの評判もよかった。

【ウエスティンホテル東京】@恵比寿

ウェスティン

設立:1994年
英称:The Westin Tokyo
運営:株式会社三田ホールディング(シンガポール政府投資公社傘下)
住所:東京都目黒区三田1-4-13
徒歩:JR恵比寿駅 7分
客室:438室

平均費用:3,661,290円、平均出席者:69人、平均単価53,062円

自分達の都合で何時間もプランナーさんを待たせてしまった事がありましたが、嫌な顔ひとつせず、夜遅くまでお付き合い下さいました。

厳しい父がスタッフ対応の良さに感激してくれ、式後にスタッフのサービスのパーフェクトさにみなさん満足して頂けて本当に安心しました。

【ホテル椿山荘東京】@江戸川橋

椿山荘

設立:1992年

英称:HOTEL CHINZANSO TOKYO
運営:藤田観光 住所:東京都文京区関口2-10-8
徒歩:地下鉄有楽町線江戸川橋駅 10分/JR目白駅バス約10分
客室:259室

平均費用:2,988,447円、平均出席者:61人、平均単価47,037

思った以上に高くありませんでした。本当に、素敵な会場でたくさんUPしたのに、このお値段!?というびっくりの価格でした。

来年も、再来年も、ずっとこの日を椿山荘でお祝いしたいと心から思える一日になりました!


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp