ハネムーンで行きたい世界各地のリゾート特集

ハネムーンはリゾートへ!と考えているカップルの方は多いと思います。リゾートと一言で言っても世界には沢山のリゾートが!!世界各地のリゾートと新婚旅行にぴったりの服装をご紹介します♪

2016.11.11 公開 2017.3.5 更新 新婚旅行
この記事を書いた先輩花嫁
asami

元ウェディングプランナー。ウェディングの世界観が大好き!結婚式をする人がみんな世界一幸せな1日を過ごせるようお手伝いします。

ハネムーンだしリゾートへ行きたい!!

06542a595e68ece2689fb07227c9d3ef

一生に一度のハネムーン!どうせならリゾート地でゆっくり二人の時間を楽しみたいですよね。
世界には至る所にリゾート地があります。何を重視するかで旅行先も変わってくるので今回は目的別で世界各地のリゾート地をご紹介します♪

どうせなら遠くへ・・・ヨーロッパ編

宙に浮いてる?澄み渡る海イタリア・ランペドゥーザ島

f3f2ce719afca23099d534316a86e965

透明度の高いこの海は船がまるで海に浮いているように見える位透き通っている海なんです。
なんとも不思議なこの光景。ぜひ自分の目で見てこの透明度を実感してください♪

2度目のヨーロッパ、イタリアで大本命だったランペドゥーサは、想像を遥かに上回る絶景でした?海以外は何もない島ですが、綺麗な海が好きな方にはぜひとも行ってほしい場所です!私たちもまたいつか、絶対に再訪したい場所となりました!次は船をチャーターして、船でしか行けない綺麗なポイントを巡りたいな?なんて考えちゃってます!それまでランペドゥーサのこの天国のような美しい海が、今と変わらず綺麗でありますように・・・。

ヨーロッパで絶景を!スイス・ツェルマット

980ef79cea1e8fefb6dc11af17c6cfa2

スイスと言えば綺麗なアルプス山脈。その中でもツェルマットは名峰マッターホルン(4478m)の麓にある街です。駅の近くには日本語案内所もあるのでハネムーンでも安心できます。クラインマッターホルン展望台は標高3813mですがツェルマットからは登山電車で約30分でアクセス可能。ヨーロッパの美しい山脈を楽しむ事が出来ます。

ツェルマット内は電気自動車のみ走れるので、空気がとても新鮮で、とにかくリラックスすることができました。スイスは英語もほぼ問題なく通じますし、ホテル、お店、ファストフード店の対応も、特別問題ありませんでした。
また、最近パワースポットという言葉が流行っていますが、私にとって、今まで生きてきた中で、このマッターホルンが一番のパワースポットになったと思います

地上の楽園?ドブロブニク・クロアチア

7cae38918e83bfea3300cb73bddfcea9

オレンジ色の屋根と海の青さが印象的なドブロブニク。近年観光地としての人気が上がっている場所です。旧市街地を囲む城壁を歩いて空中散歩を楽しんでください♪

とても気持ちいい空中散歩でした。 絶景ポイント多く、外は青い海、内は赤い屋根の街並みと、コントラストを楽しめます。 また行きたいです( ^ω^ ) 途中休憩スポットなどもありますよ!

移動時間も少なくて便利!アジア編

アジアNo.1リゾート バリ島

957c880f921703073683488464871b01

アジアでリゾートと言ったらすぐに思いつくのがインドネシアにあるバリ島!マリンスポーツで遊んでも良し、スパでゆっくり癒されるも良し、遺跡巡りをするのも良し、様々な選択肢があるバリ島で沢山の思い出を作ってください。

夜、ホテルの庭でバリのダンスを見ながらゆっくりくつろぎました。心地よい風が吹き、独特の音楽と神秘的な踊りがとても印象的でした。ホテルのロビーは自然の風が吹き抜けて雰囲気が良く、癒されました。
海を眺める高台からの景色も良かったです。

気分はディカプリオ?映画ザ・ビーチの舞台ピピ島・タイ

42377e97fc7aa9f9ae5aed7f0b7e0bdb

タイのプーケットから45キロ離れた島ピピ島。この島はレオナルド・ディカプリオ主演のザ・ビーチのロケ地となり有名になった島です。島の周りをサンゴ礁が囲み、島一帯にエメラルドグリーンの海が広がります。

そこそこ有名なリゾートなので、行って見たら以外にがっかりするかなと思ったりもしていましたが、想像以上の海の美しさに感動! 到着した船着き場ですでに飛び込みたくなるほどの透明度と無数の魚たち。ホテルのプライベートビーチ、ボートタクシーで行くマヤベイビーチ、どこも美しくて本当に癒されました。

ベトナム最後の秘境・・コンダオ島

bb41e57d142fc34eb936b8edb082467c

ハワイよりも綺麗な海でベトナム最後の楽園とも言われているコンダオ島。この島から眺める夕日はとても神秘的で人生で1度は見てみたいですね。運が良ければジュゴンにも会えるかも知れないそうです!

コンダオ島に滞在した4日間では色々な気付きがありました。
まず、もう十分に伝わったかと思いますが、海や山といった自然が美しいということ。
そして、住人の方々が素朴ということ。
コンダオ良いとこ一度はおいでです(おいでって、俺いないけど)。これから、10年後、20年後、リゾートホテルが増えていくと思います。
あんな、ポテンシャルと観光開発の程度にギャップがある島は見たことがありません。たくさん自然がある、素朴なコンダオに触れるなら今です。

TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp