マタニティー新婚旅行は国内で!特典プランを楽しもう!

今回は妊娠しても、夢のハネムーン」に行きたい!という方のために、「妊婦さんにオススメの国内旅行」をお伝えしたいと思います!

2016.6.22 公開 2017.3.5 更新 新婚旅行
この記事を書いた先輩花嫁
sato

恋愛が苦手でこのまま結婚できなそうな32歳。 最近は、リラックマのぬいぐるみで癒されています。

妊婦さんには近距離でまったり国内新婚旅行♪

Babymoon-Kerala-Tips-and-Destinations

一般的に、「新婚旅行」は「海外」というイメージが強いかもしれません。
しかし、妊娠中は飛行機での移動や慣れない国で体調が悪くなった時のことを考えると不安になりますよね。
我慢して行かない!と思っている方もいるかもしれませんが、今は「マタ旅(たび)」というプランもたくさん出ていることもあるので、気を付けることは多くなりますが、絶対に行けないというわけではありません。
「近距離でまったり?」をテーマに行ってみても良いかもしれませんね♪
国内の妊婦さんに優しいお宿などご紹介いたします!

妊婦さんにオススメのマタニティープランとは?

shutterstock_111643082-480x320

マタニティプランとは、妊娠中でも心身ともにリラックスして、大切な人との時間を過ごせるように、サービスを充実させた旅行プランのことです。
妊娠中は急な体調変化が起こりやすいもの。妊婦さんの場合はキャンセル料がかからないものや、料理のメニューについて細かい注文に応じてくれるもの、マタニティウェアや抱き枕を多く用意してくれるなど、宿によって内容は異なりますが、妊婦さんに配慮したプランを提供しています。
宿によってサービス内容が異なるので、自分の希望に合ったサービスや宿を見つけてください♪

やっぱり国内旅行は温泉!妊婦さんも入れます!

少し前は妊娠中の温泉は禁止と定められ、温泉が流産や早産を招くなどの噂がありましたが、実は何の医学的根拠もないようで、環境省では2014年4月より妊婦の方でも温泉に入っても良いと認めています。
ラジウム温泉は放射能が微量含まれており、妊娠中は気にされる方がいますが、ラジウム温泉に含まれる放射能量は、レントゲンと比べてごくごく微量(およそ0.3?0.5マイクロシーベルト)で、日常生活でもこれ以上の放射能を浴びていると考えると、特に問題はありません。
露天風呂付客室や貸切風呂にすれば、「温泉に入りたいけどおなかが気になる」という方にも安心。
旦那さんと一緒に入ることもできますし、急な体調変化にも対応できるので安心です。
好きな時間に好きなだけ入ることができるので、体調を考えながら入れるのが嬉しいですよね。
また、宿によってはマタニティーエステや、高層階で夜景が楽しめるレストランや貸切風呂など、館内だけでも楽しめるようなところがたくさんあります。
体調を崩しても、病院との連携が取れたホテルの方がサポートしてくれますので安心感は格別です。


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp