【バイリンガールちかさんご夫妻結婚式独占インタビュー:後編】-ハワイ挙式・氷川神社神前式・国内パーティーレポート

YouTuber(ユーチューバー)として人気のバイリンガールちかさん。富士山でのサプライズプロポーズを受け、いよいよ結婚式。バイリンガルらしく、海外挙式と神前式で、どちらの経験もできた贅沢なウェディングです。今回は夫婦揃っての独占インタビューで、動画では語られなかった「生の声」を聞いてきました!

2016.11.1 公開 2017.1.19 更新 結婚式場

海外挙式/和婚のバイリンガール結婚式?

Screenshot_2016-06-29-15-14-37

ハワイでの海外挙式と日本古来の伝統的な神前式を行い、国内外に自身のウェディングの様子をチャンネル内で配信し、反響を呼びました。
なぜハワイ?どうして和婚スタイルもしたのか?どのように準備を進めたの?
実際に国内パーティーを行った会場にてインタビューし、準備段階から本番までの流れを裏話とともに教えてもらいました!

IMG_1408

ハワイ挙式:ベイヤーエステート

ハワイにしたのはお母様のアドバイスから

———–まずはハワイ挙式。なぜ、ハワイだったのですか?他に検討したところはありましたか?

ちかさん:(以下、ちか
元々、私自身、ハワイでやるイメージが全くなかったんです。正直、よくある日本風のハワイアンウエディングのイメージと自分の希望はちょっと違うなっていうのはありました。
でも母親から「ハワイいいじゃん」って言われて、親族と友人合計30人の挙式と披露宴だったので、確かに彼の家族も来やすいし私も行き慣れてるから、確かに場所的には良いかなと思ってハワイにしました。他に候補地はありませんでした。
ハワイアンの雰囲気も素敵だけど、それが好きで!というわけで選んだということでないので、ドレスコードもとりあえず、ムームーとアロハシャツは禁止と決めてました(笑)

旦那さん:(以下、旦那
彼女の中のイメージは、アメリカの友達が挙げたようなイメージで、なんかちょっと外でやるような、彼女の中では違うところを目指してたようです。

3-1024x476

———–ハワイの数ある式場の中で、ベイヤーエステートにしたのはなぜですか?

ちか 😕自分で、ウエディングプランナーさんのサイトにおススメ挙式の例のようなものがあって、いろいろ見てその中で3つ選んだんです。
ホテルも見たんですよ。カハラリゾートとか。でもすぐ後ろがレストランみたいな感じで、海はすごく綺麗だったんですけど、もう少しプライバシーが欲しいかなーと思って。
実はサイトの中のベイヤーエステートに気付いてなくて。最後に「じゃあもう1戸あるんでお見せします」って、教えてもらいました。
彼は来れなくて親と三人で見たんですけど、「ああもうここだね」と。

旦那 😕ハワイの歴史ある建物として認定されてるみたいなんです。それで日曜日はイベントに使用されてることがあるので、本当は11月22日(良い夫婦の日)に結婚式をやりたかった。
でも日曜日だったので、できなくて11月21日にやりました。でもまあ、時差で日本では11月22日なので(笑)、今日本で「良い夫婦の日」だねっていう時に、ハワイでやってるんだなって思い出せます。

eighthundredfiftytwo_0002-1024x681

———–ウェディングプランナーはどう決められたのですか?

ちか 😕母親の知り合いがカナルウエディングさんにいて、ウエディングプランナーもすぐそこで決めました。
そこは結構もうフレキシブルに、やりたいようにっていう感じのスタイルで。当日までわからないから不安なところもあったけど、でも何でも問い合わせて聞けば、教えてくれて。
こっちから言えば何でも対応してくれました。
ホテルに関しては、多分それなりにフォーマットがあって、でもオリジナルで自分の好きなものにしたくて。
こだわるポイントですよね。もしそこまでそこにこだわらないと、ホテルのほうが断然楽だし。

テーマをしっかり持つことで伝わりやすくなる

Screenshot_2016-02-14-23-01-05-1024x576

———–結婚式のテーマはどんなものでしたか?

ちか 😕そもそも私、あまり結婚式に強い思いを持ってなくて、全然ドリームウエディングみたいなのはなかったんです。でもやるって決まったらクオリティにはこだわるよと。
コンセプトは『エレガント・ラスティック』、テーマカラーは『ピンク×ゴールド×ホワイト』。
やっぱりゴールドとライトピンク系が自分は好きだなって思ったので、そこで色決めて、でもいろいろ迷い始めたので、そこでこれ以外の色は入れない!見ない!って、その色だけで検索したりしてました。
フローリストさんは、提携じゃなく違うところに頼みました。お皿やナイフ、フォークも、別で全部手配してもらったりしました。

旦那 😕もうね、すごかったんですよ。元コンサルなので、彼女資料作るのがすごくうまいんですよ。
パワポを作って、そこに「こういうイメージ!」って、ピンタレストで作ってきて、たくさん送って。

Screenshot_2016-02-14-23-02-10-1024x576

ちか 😕コンセプトはこれ、テーマカラーはこれみたいな。テーブルのこの写真のこのローソクは……っていうイメージを全て伝えました。
日本の業者が入ってハワイの挙式っていうのはちょっとわかんないですけど、海外は特にそんなにフォーマットみたいなのがなくて。
英語が通じなくても、私の使ったピンタレストとか、今はイメージを伝えるツールがあるから使えますよね。

———–食事に関してこだわったことはありますか?

ちか 😕その式場では食事は付いていないので、ケータリングになりました。プランナーさんから、3軒紹介されて、2つがレストランで、もう1つがケータリングしかしてないところ。
ケータリングしかしてないところは試食できないので候補から外しました。

旦那 😕その1つのベルニーニというレストランが美味しくて、雰囲気もおしゃれ、モダンイタリアンな感じで、そこにしました。
でも実は本店が麻布十番にあるレストランだったんですよ。どうりで日本人が好きなテイストになってるなと思いました。

招待状の代わりに・・・

———–招待状はどうされましたか?

ちか 😕招待状は作りませんでした。結構お金かかるものだし、ゲストは少人数だし、親族にはメールで伝えて、友達にはFacebookで掲示板は作りました。
でも友達からすると、もうちょっとちゃんと情報教えてみたいな感じではありました(笑)
日本だと選択肢がちょっと少ないんですけど、もともとはeカードっていうネットで簡単にカードを作れるサービスを使おうと思ってたんですが、するまでもなく、もう家族だけだし。
Eメールアドレスさえ知ってれば、住所聞かなくても送れるし、eカードをおススメします。

衣装のこだわり

Screenshot_2016-06-29-15-24-15-1024x576

———–お2人の衣装はどのようにして決めましたか?

ちか 😕ドレスはもともと日本で買う予定がなかったから。シアトルで買っちゃおう、て思って、狙いのブランドはなかったんですけど、日本の流行ってる、ストラップがないドレスより自分の好みのものを選びたくて。なんとなくアメリカの方が安くていろんな種類があるっていうイメージがあったので。アルーアっていうお店のドレスにしました。
1件目の、試着3着目で、30分で決まりました(笑)

旦那 😕僕もちょっと彼女と似ているところがあって、普通の黒いタキシードなんですけど日本は黒のただのタキシードってないんですよ。
なんかちょっと長めな黒服っぽかったり、シルバーとか白とかになっちゃうんです。
普通の黒いタキシードを探してて、たまたまそのとき007とかもやってたので。

ちか 😕そうだそうだ、ジェームス・ボンドに影響されて(笑) 結構こだわったね。

旦那 😕レンタルを最初したら、そもそもその色がないのでオーダーしちゃおうと。
「タキシードの丈も短かくして、パンツも細身がいいです。」ってオーダーしたら、「こんなに細くすると、タキシードのルールからすると、ちょっと違いますよ」って言われたりして(笑)
挙式はタキシードにして、披露宴はベストにしました。
あともう一個こだわったのは靴。エストネーションで買いました。そんなにすごく高いわけではなくって、イメージに合ってて。

———–その後、ドレスはどうされましたか?

ちか 😕クローゼットの奥で眠っています・・・私はメンテナンスも大変だし、売っちゃおうかなとも思ったんですが、将来のために取っておきたいと言われて(笑)

旦那 😕自分も親から譲ってもらっていいなと思ったことがあったし、思い出に残る品とかを取っておくと、将来的には面白いかなと。ネタ的にもまだ使えるんじゃないかって思って(笑)

———–ブライダルエステには行かれました?

ちか 😕存在は知ってて、そういうのやんなきゃいけないんだろうなみたいなの思いながら、ああもう挙式だって。今やっても意味ないじゃんっていう感じでした。
前日までバタバタしてたから、当日の準備さえちゃんとできてれば、まぁ自分はどうにかなるだろうみたいな。実際寝不足だったし(笑)

ヘアメイクのこだわり

———–ヘアメイクでのこだわりはありましたか?

ちか 😕私、母親の知り合いにヘアメイクは頼んでいまいた。私自身は会ったことはなかったので、髪の毛は前もってイメージ写真を送っておいて、伝えておきました。
ハワイでの挙式と披露宴でお色直しはしなかったんですけど、その時のメイクはまずナチュラル系で、披露宴では真っ赤なリップにしてもらいました。
夜だったのでなんとなく夜に合う感じのイメージにしてもらうっていうのは、メイクさんと話し合って提案してくれたので。
ちょっと慣れなかったのが、写真用のメイクってあるじゃないですか、写真を撮るから眉はいつもよりちょっと濃い方が綺麗だよとかっていうプロの意見でやってもらって。
でも私たちの場合、写真より動画の方が圧倒的に多くて、なんかちょっと違うなと思いながらも。難しかったです(笑)
Screenshot_2016-02-16-14-45-32-1-1024x576

やってみたかった、やって良かった演出とは

———–動画の映りを気にされるのは、ユーチューバーならではの悩みですね(笑)
ファーストミートなど、演出を盛り込んでいましたが、もし時間があったらやってみたかった演出などありましたか?


miki

miki

BLESS編集部、編集者兼ライター。日本の結婚式を、伝統は守りつつ、新しく。ワクワクドキドキな結婚式への準備をお手伝いします!


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp