【謎ブーム】全国の結婚式で”梅宮辰夫プロップス”が大流行中?

2016.9.24 演出

可愛い写真を撮るために欠かせないフォトプロップスですが、今花嫁さんたちの間では思わず笑ってしまうような面白いフォトプロップスが大流行中なんです!いったいどんなフォトプロップスなのか、その正体をご紹介します♪

梅宮辰夫プロップスが結婚式でもキテるみたい!

結婚式の演出アイテムの中で、今や定番になっているフォトプロップス。
最近は様々なフォトプロップスを用意している花嫁さまが多いのですが、『梅宮辰夫プロップス』人気が最近高まってきているんですよ?
先輩花嫁たちは一体どのように取り入れていたのでしょうか?早速ご紹介します!

始まりはロバート 秋山さんのネタでした!

テレビで見たことがある方も多いかと思いますが、元はロバート 秋山さんがテレビで”体ものまね”というネタを披露していることがきっかけです。
梅宮辰夫さんご本人も公認のネタで、今では一般の方の間でも盛り上がるネタとして数年前からマネしている人が多くいるんですよ♪
そんな「梅宮辰夫プロップス」がじわじわと結婚式の会場でも見られるようになってきました!
それではここからは先輩カップルの皆さんの実例をご紹介します。

先輩カップルの実例拝見?

普通の表情だけでなく、怒った顔やハットをかぶった姿など違う表情のものもあるようです。

ラブリーなフォトプロップスと一緒に梅宮辰夫さんが!とってもシュールですね!

こんなにおしゃれなウェルカムスペースにも梅宮辰夫さんを発見!
可愛い空間の中でクスっと笑える写真が撮れそうですね♪

こんなにフォトジェニックなお花の壁の前にも梅宮辰夫さんが!!
普通にカワイイ写真を撮った後にちょっと面白い写真を撮ってみたくなりますね。

Instagram風のフォトフレームは、ゲストが写真を撮るときの大人気アイテム?
梅宮辰夫さんと一緒に撮影したかのように撮れるなんて面白いですね♪

新郎・新婦の幸せな1枚の中にも梅宮辰夫さん♪
持っているだけで緊張がほぐれて、自然と笑顔になれちゃいますね?

こちらの新郎・新婦も梅宮辰夫さんになりきってセレモニー?なんだかほっこりしてしまいますね!

普通の梅宮辰夫さんだけではなく、ミニーちゃん風の帽子をつけてしまう先輩カップルも!
よりキュートな写真が残せちゃう?

梅宮辰夫さん以外にもモフモフが可愛いテッドのフォトプロップスも?
ミスマッチなように見えますが、意外な組み合わせがゲストにもウケそう!

実際に使っているゲストの皆さんもとっても楽しそうですね!

大人も子供も関係なく楽しめるのも梅宮辰夫プロップスの魅力の一つ。
小さいお子様の梅宮辰夫も可愛いですね!

こちらの皆さんのように余興で使用するのも面白いですね♪
そして梅宮辰夫さんだけではなく、パーフェクトヒューマンでもおなじみのオリエンタルラジオさんまで!

こちらは梅宮辰夫さんと板尾創路さんのフォトプロップスまで!
やっぱり実際に写真を撮ってみるととってもシュールで面白いですね♪

どうやって手に入れるの?

その1.手作りする

こちらの花嫁さんはDIYされたようです。梅宮辰夫さんの顔写真を必要な枚数をプリントして、厚紙などに貼ったらひたすらカット!
作り方はほかのフォトプロップスと同じですね♪

その2.通販やバラエティーショップで購入する

91hhbdg3dvl-_sl1500_

実は梅宮辰夫さんご本人公認のお面が販売されているんです!
Amazonやドン・キホーテで売っているという情報も♪自作する自信はない…という方には嬉しいですね!

梅宮辰夫のお面

その3.卒花嫁さんから譲ってもらう

卒花さんたちはinstagramでウェディンググッズをお譲りに出している方も多いのですが、その中に梅宮辰夫プロップスも発見?
必ずお譲りが見つかるというわけではありませんが、準備や情報収集する中で探してみるのもいいかもしれませんね♪

クスっと笑える写真を撮るなら、梅宮辰夫プロップスは欠かせない!

いかがでしたか?どのお写真をみてもこちらまで思わず笑顔になってしまいますよね!
緊張することの多い結婚式シーンでも自然な笑顔を引き出せる”梅宮辰夫プロップス”を試してみる価値はあるかも?

さらに最近では梅宮辰夫さんだけではなく、トレンディエンジェルの斉藤さんや、オリエンタルラジオさん、マツコ・デラックスさんなど様々な芸能人フォトプロップスを作ったり、新郎・新婦の顔写真でフォトプロップスを作る方がいたりと、皆さんアレンジして楽しんでいるようです!
これから結婚式を迎える皆さん、”梅宮辰夫プロップス”を取り入れてみてはいかがでしょうか?


Rie

Rie

2015年春に都内のゲストハウスで挙式?ウェディングドレスコーディネーター、披露宴のサービススタッフとして働いていたので、その時の経験や自身の挙式の時に感じたことなどを発信していきたいと思っています?


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp