和と洋の融合が素敵!制約の中にこだわりを詰め込んだ【wedding_tityさん】鮒鶴

2016.10.2 結婚式場

伝統的な建物、京都の鮒鶴にて結婚式を挙げたwedding_tityさん。

彼女のInstagramはフォロワーが2,000人を越えプレ花嫁さんたちに支持されています。

和と洋の融合が素敵なtityさんのウェディングについて取材させていただきました。

結婚式のテーマは「LESS is more」

0034

0040

0368

編集T:今日はtityさんの結婚式について取材させていただきます。

wedding_tty(以下:T):はい、よろしくお願いいたします。

編集T:はじめに挙式の時期と式場をお伺いできますか?

T:2016年5月、京都の鮒鶴にて結婚式を挙げました。

編集T:結婚式のテーマを教えてもらえますか?

T:LESS is more」です。私たちにとって余計なことは省いてやりたいことをセレクトするというシンプルなことをテーマにしました。テーマカラー等は設定しなかったのですが、好きなことを詰め込んでいったら結局カラーや全体のテイストは自然とまとまりました。

wedding_tityさんの写真を見て気になったら!【鮒鶴】の情報や写真、フェアをチェック!

オリジナリティ溢れる、先が読めない式にしたかった

0546

0578

0660

0503

編集T:こだわったことなどはありますか?

T:王道なものはしたくないという気持ちがあったので、ウェディングケーキではなくカップケーキタワーにしたりファーストバイトではなくお互い食べさせる同時バイトにしたり、フラワーシャワーのかわりに?プッシュポップコンフェッティを退場のときにみんなに鳴らしてもらったり・・・

編集T:オリジナリティ溢れる式で素敵ですね!

T:ありがとうございます。慣習的なものはしなくていいかなと思っていました。それよりももっとわたしたちらしさだったりゲストに楽しんでもらうというところを重視しました。

編集T:先が読めない演出はゲストも楽しいですよね。

T:ですよね。次はこれかな、次はこうだろうなって思われるのは嫌だなと思っていました。他には、子連れのゲストが多かったので子供達に指人形のプレゼントを置いたりキッズスペースを作ったり、インスタントカメラを置いて子供達が写真を撮って遊べるように工夫しました。

編集T:そういった工夫があるとお子様も、お母様も嬉しいですよね。

T:ゲストには会社の上司などは呼ばなかったんです。なので本当にプライベートで大切な方々と過ごす時間になりました。全員で60名くらいだったと思います。子供たちが退屈しないようにという面では、お色直しの時にコンフェッティバルーンを持って入り、その風船を子供達に配りました。

編集T:花嫁さんからコンフェッティバルーンのプレゼント!お子様たちもテンションあがりますね!

T:すごく喜んでくれてこちらまで嬉しくなりました。

wedding_tityさんの写真を見て気になったら!【鮒鶴】の情報や写真、フェアをチェック!

DIYはもともと好きなので楽しみながら準備できた

0438

0147

0145

0756

編集T:なにか苦労したことや大変だったことはありますか?

T:結構DIYに力を入れたんです。

編集T:もともと何かを作ることがお好きなのですか?

T:そうですね。基本的に「人と一緒」が嫌いなので…。ペーパーアイテム一式、ウェディングツリー、プッシュポップコンフェッティやバルーン、プチギフトを入れたサンクスバッグなど作れるものは全部作りました(笑)

編集T:すごい!

T:DIYはもともと好きなので大変とか辛いとかは、特になくて・・・苦労したことはやっぱりプランナーさんとのしたいことと出来ないことのすり合わせやイメージの共有でした。会場が提携のところや制限も多かったのでしたいことが全部できるとは限らなくて。

編集T:例えばどのようなことが制限されていましたか?

T:アルバムいらないのでデータをくださいと言っても厳しかったり、会場にテラスがあるのでそこで集合写真を撮影したいと言ったのですが、次の式の方がお待ちになっているので厳しかったり・・・建物自体が重要文化財だったので、建物を傷つけたらいけないという規定もあり厳しいところはたくさんありました。

編集T:でも、それでもここで結婚式を挙げたい!と思ったんですよね。

T:はい。下見の一件目で決定しました。歴史ある建物で木製のエレベーターがあって。私たち、2人とも建築系の大学を出ているのですが、すごく気に入って一目惚れでした。ゲストも建築関係の仕事をしている子が多いので、そういった目線でも楽しんでもらえるかなと思って。

wedding_tityさんの写真を見て気になったら!【鮒鶴】の情報や写真、フェアをチェック!

ドレスはホワイトを2着着用

0123

0133

0956

0070

編集T:ドレスはどのようなものを着用しましたか?

T:ソフトマーメイドにしました、チュール素材で刺繍やスパンコールが付いているモニークルイリエのものです。

編集T:モニーク・・・!素敵です。

T:繊細な作りに惹かれて。試着は4、5回行きました。結構迷ったのですが迷ったのはやっぱりお値段の部分でした。結果旦那さんが「着たいものを着たら?」と言ってくれて決定しました。

編集T:素敵な旦那様!

T:ありがとうございます(笑)

編集T:お色直しはどのようなものにしましたか?

T:友人に借りたドレスを着用しました。白のドレスなのですがAラインでひらひらっとした女の子らしいデザインのものでした。

編集T:マーメイドと雰囲気変わりますね。

T:はい。同じ白ですが形が全然違うので雰囲気が変わってよかったです。でもやっぱりカラードレスも着たかったなーとも思いますね(笑)
【素敵なドレスに出会いたい!】ウェディングドレスもカラードレスも、もちろん和装も!BeautyBrideで検索!

編集T:カラードレスだとどのようなカラーが理想でしたか?

T:トリートドレッシングで試着したネイビーのカラードレスが素敵でした。

編集T:準備期間の美容はどのようなことを行いましたか?

T:ヨガやブライダルエステに通っていました。ブライダルエステは3ヶ月コースで契約してシェービングなどもしてもらっていました。エステに行くと肌のツヤツヤ感はすごくアップする気がします。

【花嫁の味方?】気になるパーツやケアごとに検索できる!ブライダルエステナビをチェック!

編集T:プロの手を借りるのも重要ですね。結婚式の際に美容面でこだわったことはありますか?

T:ネイルにこだわりました。ドレスに星のスパンコールがついていたので、ネイルにも星をさりげなく取り入れました。

wedding_tityさんの写真を見て気になったら!【鮒鶴】の情報や写真、フェアをチェック!

最後に

0402

0465

0414

編集T:結婚式を終えてみていかがですか?

T:ありきたりな言葉ですが・・・本当に幸せにあふれた1日でした。こんな日はもう二度とないと思えるほどに素敵な日でした。

編集T:やっぱり結婚式を挙げることで周りの大切さも再確認しますよね。

T:はい。本当にそう思います。彼の大切さもいままでの思い出も周りの方々の存在も、全て改めて大切だと思う1日になりました。

編集T:素敵です。今日は貴重なお話ありがとうございました。

T:こちらこそ、ありがとうございました。

***

wedding_tityさんのウェディングが理想なら!【鮒鶴】の情報や写真、フェアをチェック!



TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp