ふくさって何?必要なの?ココで買えるおすすめのふくさもご紹介♪

結婚式に出席する際にご祝儀を包む「袱紗(ふくさ)」。
聞いたことはあるけど、実際にどうやってつかったらいいのかわからない!なんて人も多いのでは?ふくさの種類・包み方などおすすめのものを紹介します*

2018.4.16 公開 2018.11.1 更新
この記事を書いた先輩花嫁

ふくさって何?(そもそも必要なの?)

結婚式のご祝儀など、大切な贈り物を包むときに使うのが「ふくさ」です。
結婚式だけではなく、お葬式のご香典も包みます。
ふくさは、金封を贈るときに使う包み布のことで、現在はシルク製のものが多いそうです♩

ふくさの意味

袱紗(ふくさ)は、もともとは大切な贈り物を日光や埃を避けて届けるために使われていた包みだったそうです。贈り主の「きれいに届けたい」という気持ちのこめられたものなんですね♡現在も意味は変わらず「大切なご祝儀/ご香典に汚れや折れ目がつかないように」するために使われています。
また、贈り主のきれいに届けたいという気持ちが反映されることから、「金封を届ける際の礼儀・マナー」として考えられています*

見学・相談に行く


ふくさって何?必要なの?ココで買えるおすすめのふくさもご紹介♪

結婚式のご祝儀など、大切な贈り物を包むときに使うのが「ふくさ」です。
結婚式だけではなく、お葬式のご香典も包みます。
ふくさは、金封を贈るときに使う包み布のことで、現在はシルク製のものが多いそうです♩

ダイソーのデコパージュ液は、塗るときにダマになりにくく、滑りが良いようです。けれども、セリアの専用糊の方が、使いやすいという人もいます。使用感に関しては、個人差があるといえます。

リンク内文言

関連記事

会話クリップテスト

 

 


TOP画像出典: kikoli.sakura.ne.jp